感性と技術が豊かに融合し合い、ファブリックの未来を創っていく。

ごあいさつ

代表取締役社長 写真  輸送機器用のファブリック事業を取り巻く環境は、コスト競争の激化などにより大変厳しい状況にある一方、各国で小型車やエコカー市場が台頭し、新興国では急激な市場拡大が続いています。強い経営体質のもと、世界中のお客さまに満足いただける商品をお届けするため、「TBカワシマ」は輸送機器用ファブリック事業を専門的に行う会社として2010年に誕生しました。

 設立当初より、地域別にお客様のご要望に対応するため、海外拠点を拡充してまいりました。近年でも、インド新工場の立ち上げ、メキシコ拠点設立と、更なる展開を図っています。

 当社は開発から生産まで、より迅速に対応出来る一貫体制をとっており、特に開発面ではシートアッセンブリーに近い立場で商品提案できることを最大の強みとしています。優れたデザイナー、設計者を育成し、お客様と共に現地化を推進できる体制を整えています。ものづくり力の強化に並行して更に品質力を向上させ、今後のグローバル生産・供給の役割を担っていきます。

 これらの強みを活かし、お客さまが私どもに期待を寄せられる「高い品質力」「グローバルに適用するコスト競争力」「機能性・デザイン性に秀でた商品開発力」を、スピード感を持って発揮してまいります。

 真にお客さまから喜んでいただける「TBカワシマ」であるために、今後ともたゆまぬ努力を続けてまいりますので、ご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

2014年7月

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得